自臭症の原因、自己診断チェック法、治し方(治療法)体験談

自臭症の原因、症状、治し方(治療法)など

自臭症とは自分が臭いと思い込んでしまう神経症の一つであり、自己臭症や自己臭恐怖症とも呼ばれている現代病です。

 

当サイトでは

を更新しています。

 

人間の五感のうちの臭覚に幻臭という幻覚を伴い、自分の臭いによって他人を不快にして迷惑をかけてしまっているのではないかといったその症状とは、対人恐怖症と似ているとされています。

 

 

必要以上に過敏に感じ悩んでいるということは、客観的にはあまり周囲の人に気づかれることはありません。

<スポンサードリンク>

自分の体臭で悩んでいるということを他人に知られる、または相談するということは隠したくなるものです。
そのため、潜在的にこの症状に陥っている患者数はとても多いとも言われています。

 

 

実際は臭くない場合がほとんどで、自己臭症の人は幻臭を気にする余り、普通の人より清潔を保っている人が多いです。

 

 

臭くないと言われても、本当は臭いのに気を使ってそんなことを言ってくれている、とまで勘ぐってしまうのです。

 

 

他人による臭いという直接的な言葉を受けたという人よりも、自分が臭いという思い込みによって他人の何気ない仕草に過敏に反応してしまい、日常生活を送ることが辛いという人のほうが多いようです。

>>お守りとしてのアイテム

 

自臭症の原因

  • 他人からの直接的な「臭い(無臭ではない程度の意味)」という言葉を受ける
  • 自臭症の人はそれを腐臭や強烈な刺激臭(自分の体臭)と受け取る
  • 自分では清潔にしているつもりなのに臭いと言われると、自分は常に臭いのだというトラウマとなる
  • 他人と接触(交通機関利用時や会話等)する度に、そのコミュニケーション全般におき他人の態度(咳込みの音・鼻をすする音・手で鼻を覆う仕草等)に過敏反応してしまう
  • 過去のトラウマによる「自分が臭い」という思い込みの裏付けと認定してしまう
  • さらに自分が臭いという証拠探しの旅に出て、宛てなく集めては彷徨い続ける

 

こういったことをサイクルし続けて放置状態が続くと、電車やバスに乗ることが出来なくなったり、学校に登校することが出来なくなってきます。自分に自信がなくなっていくことは対人恐怖症や引きこもり、さらには鬱病や統合失調症の原因となってしまうのです。

 

 

受診する診療科は精神科・心療内科、また口臭を気にする場合は原因追及のため口臭外来も設置されている病院も存在します。

 

 

治療法は、自分の体臭が他人に迷惑をかけていないという事実を自覚するための面接療法が有効です。

 

 

具体的には自分の思い込みと実際の臭いとの違いを認識し、自分の作り上げた「自分は臭い」という前提と実際の臭いとの食い違いを修正していきます。この過程を経ることにより、完治へ少しずつ近づいていくことが出来ます。

 

<スポンサードリンク>

 

自臭症の治療方法とは?処方される薬名など

自臭症は、周囲から臭いと思われていると強く感じてしまうことで、嗅覚に幻覚が出る症状です。

 

 

精神医学における診断名ではありませんが、対人恐怖症と類似しており、外見や臭い、しぐさなどが他人を不快にするのではないかと恐れることから、社会恐怖とも似ている点があります。

 

 

この自臭症の治療方法とは、精神的に原因があるので、基本は面接療法が選択されます。

 

 

自分の体臭や口臭が決して迷惑をかけているわけではないということを自覚させることが重要で、実際の臭いと悩んでいることの食い違いを修正するのが必要となります。

 

 

また、あえて人ごみや会話など恐怖を感じる場所に身を置き徐々に恐怖を取り除く方法や、認知療法や暴露療法も一定の効果があります。なお、診療科は精神科が専門領域となりますが、口臭の原因を検査するための専門外来が設置されている病院もあります。

 

 

この自臭症の処方薬名とは、自分の臭いが気になる余り、気分の落ち込みが強い場合は、抗鬱薬で、臭いを抑制する行為が強迫的になっている場合は、神経伝達物質のセロトニンの作用し調整する治療薬の中から、選択的セロトニン再取り込み阻害薬などです。

 

 

ただし、どの治療薬が選択されるのかは、その時々の病状によります。

 

 

セロトニン再取り込み阻害薬ではデパスが一般的に有名です。

>>薬に頼らないとしたら?

SSRIの自臭症への効果と副作用

自分の体臭や広州で回りが迷惑しているのではないかと気になってしまう自臭症の治療薬にはセロトニンの再取り込みを阻害するSSRI系の治療薬を遣って改善していきます。

 

では、自臭症に対するそれぞれの効果と副作用について考えてみましょう。

 

ルボックスの自臭症への効果

SSRI系の薬であるので脳内のセロトニンの濃度を上昇させることで不安感をなくし気持ちを安定させる作用があるとされています。
ルボックスの副作用とは、吐き気や下痢、場合によって胃腸を刺激してしまうことがありその他にも眠気や不眠といった睡眠障害や太りやすくなるという副作用もあるようです。

 

パキシルの自臭症への効果

抗うつ剤の中でも効き目が強力であり高揚感が高まることからアッパー系の薬とも呼ばれており、パキシルもSSRI作用の薬であるためセロトニンを増加させることで精神を安定させる作用があります。
パキシルの副作用とは、効果が強力ならその反面副作用も協力でありめまいや耳鳴りなどの症状があるほかに薬が切れるとイライラするなど効き目が切れた時の落差が激しいため長期間の服用が避けた方が良いとされています。

 

レクサプロの自臭症への効果

SSRIの中でも効率よくセロトニンを増加させる効果があるのでセロトニン以外の余計な作用がないことから集中して精神の安定を図ることが可能だと言えます。
レクサプロの副作用とは、吐き気や頭痛、口の渇き以外に性機能障害や強い眠気などの副作用があらわれるとされています。

 

デプロメールの自臭症への効果

脳の神経を刺激してセロトニンやアドレナリンなどの脳内物質の量を増やして精神活動を活発化させる効果があるとされています。
デプロメールの副作用とは、口の渇きやふらつき、めまいのなどの他に性機能障害や眠気、体重増加などの副作用があるとされています。

 

ジプレキサの自臭症への効果

気分が高揚し過ぎたり躁状態なるのを抑制する作用があり同時に強い不安感やイライラなどの症状を改善して気持ちを安定させる効果があります。
ジプレキサの副作用とは、じっとしていることができなくなるアカシジアや眠気、口の渇きや体重増加などの副作用が起こるとされています。

 

 

このように、それぞれの薬には自臭症に対する効果がありますが同時に副作用も起こりますので、
使用する際にはきちんと医師の指示の下で正しく服用するように心がけましょう。

>>薬剤はやっぱり避けたい人へ

自臭症で処方される薬とは?

自臭症は自己臭恐怖症とも呼ばれ実際にはそんなことはないのに、周りの人から自分はくさいと思われていると錯覚してしまうというものです。

 

潔癖症の人や几帳面な人がなりやすく、何事も完璧にこなしたい性格の人ほど症状が強くなりやすくなります。なぜなら人の臭いはいくら頑張っても完全に消すことはできず、かすかな臭いでも誇大解釈してしまうからです。

 

 

また実際に自分の臭いに悩んでいる人は自臭症とは呼ばれません。
自臭症の治療薬は体臭、口臭などを軽減するものを処方するのではありません。

 

 

実際に不快な臭いを発しているわけではないからです。
自臭症に処方される薬とは多くの場合、抗不安薬で自分が臭いと思われている不安を緩和することによって症状も緩和させようとします。

 

 

つまり、これはあくまで対処療法であって根本的に自臭症を治すことはできません。

 

 

自臭症は体に異常があるわけでく精神的な原因から生じるので専門のカウンセラーや心理学者によるカウンセリングや認知療法を適切に行って少しずつ症状を改善していきましょう。自分の臭いが実際には周りの人に迷惑をかけるほどのものではないことを自覚することによって自臭症は少しずつ快方に向かっていくのです。

 

>>薬は飲みたい人のお守りとしてのアイテム

 

自臭症でも安心できる自己診断チェック方法とは?

自臭症とは、自分がにおう、におわないに関わらず、自分ニオイを気にしすぎてしまう一種の精神病です。自臭症の人は、自分のニオイに自身を持つことが大切です。

 

 

最も安心できる方法は、家族や友達に自分のニオイをチェックしてもらうことです。あまり親しくない友人の場合ですと、遠慮をして本当のことを言えないこともあるので、長い付き合いがあり、信用できる相手に頼むとよいでしょう。

 

 

しかし、このような相手がいないという人も多いと思います。そんな人は、自分ひとりでもニオイをチェックする方法があります。

 

 

おすすめなのは、お風呂に入った後で自分の着ていた服のニオイをかいでみることです。

 

 

ニオイというのは、それほど強烈なものでなければ、わずか数秒で慣れてしまいます。
自分のニオイというのは常にかいでいるので、自分では気づかないことが多いです。

 

 

そんなときは、お風呂に入って体についてニオイを洗い流した状態で、自分の着ていた衣服のニオイをかいでみましょう。
それで不快なニオイがなければ、あなたはにおわないということです。

 

 

自分でできるチェック方法とは、自分に自身を持つためにすることです。
ストレスも悪臭の原因になります。

 

 

あまり気にしすぎると、ストレスからニオイが出てしまうので、自分に自信を持つことが大切です。
安心感を持つことも大切です。

>>安心感を得るお守りとしてのアイテム

 

自臭症体験談まとめ


25歳専業主婦の者です。

 

私の母親がワキガなのですが、私自身もその遺伝を受けて小学校の頃から自分の臭いに悩まされていました。
体育の時間にはジャージを脱いで自分の臭いが伝わることが恐怖で、いつも厚着をしていました。

 

大人になってからも、公共の交通機関や個室に入ることが怖く、デオドラントスプレーだけでは不安なので夏場は極力汗をかかない様に服装に気を付けていました。それでも臭いが気になり、何度もトイレに駆け込んで自分の臭いを確認したり、外にいるのに自分の臭いがしたり、食事中も自分の臭いがしているようで味がわからない時もありました。

 

家族だとまだ理解があるので緊張しないのですが、初めて会った人と喋るときは臭いがバレないかで緊張して、その緊張によりさらに汗が出て焦ってしまうという悪循環に陥りやすいです。
また、虫歯は無いのですが口臭も気になるのでいつも歯磨きを2回ずつ行っています。あまりにも気になって外に出られないときは、マスクをして外出するようにしています。自臭症の影響からかシャンプーも昔から2度洗い、身体も2度洗いをしているので、洗い過ぎで頭皮や肌が乾燥してしまいよく皮膚科にお世話になっています。仲の良い友達には、ごめんね、今汗臭いかも…と先に伝えてストレスを無くしていますが、大抵気にしすぎだよ、と言われます。

 

皮膚科の先生からも、ワキガの手術をする方法もあるけど、今は精神的に落ち着く方が大切だからと言われました。今後も食生活を整えて、ストレスを溜めないように気をつけながら自分の臭いと向き合っていこうと思います。

 


私は22歳で、OLやっています。

 

自分が自臭症になったことがあります。

 

私は元々、臭いには敏感で、いつも、臭くはないかとチエックした後に、仕事をしています。

 

しかし、仕事場の仲間から、私の変な臭いで迷惑掛けてるんじゃないかと毎日、不安な毎日を過ごしていました。

 

正直者の友人に「私から発する臭いはキツくないよね?迷惑じゃないよね?」と聞いてみると、そんなことないよと安心してくれる言葉をかけてくれたのですが、その時は、物凄く不安に感じてしまいました。

 

それは、ワキガだっために、薬局屋に行き、ワキガ対策として、塗り薬を買い、懸命に塗ってるからです。気をつけていても、周りからは嫌な臭いがして、鼻をつまんだ感じです通りされる時があるので、どうしたものかなと不安がこみ上げ、かなしみを受けました。

 

でも、それでは行けないと思い、ワキガ対策を更なる対策へと改善していきました。
ワキガパットをしていけば、汗をかいたとしても、くさい臭いを防げれるので、昔と比べてみると、仲間から、鼻をつまんだ感じはなくなっていき、不安になることはなくなりました。

 

こんなに安心感を覚えさせてくれるワキガ対策を見つけれて、幸せでした。
これで、克服はできたかなと思います。

 


28歳 会社員 女性
初めて自分の匂いが気になったのは、高校二年の時でした。   

 

何気に友人とおしゃべりをしていると、「昨日、ニンニク料理食べた?」と聞かれました。  

 

思い当たるのが無かったのと、他人に口臭を指摘されたのは初めてのだったので、かなりショックでしたが、友人は気のせいだと言ってくれたので、その場は一旦収まりましたが、家に帰ってからもずっと気になり、何度も歯を磨いたり、液体ハミガキで何度もうがいをしました。その度に自分で匂いを嗅ぐと、少し臭う気がしました。   

 

それ以来、何を試しても、その臭いは消えるどころか、強くなっていきました。

 

それからは、学校でもガムを噛んだり、マウススプレーをしたり、授業が終わる度にこっそりうがいをしに行ったりしました。   

 

母に相談し、匂いの確認をしてもらいましたが、口臭は無いし、もしそんなに気になるなら、歯科医院に行ってみたら?との事で検査しました。   

 

口臭も無いし、虫歯や歯周病も無いとの事でしたが、どうしても気になってしまいました。

 

社会人になる頃には、人と話すときはなるべく離れて、息があまり出ないように小声になりました。   
マスクをつけていないと落ち着かなくなり、次第に消極的になりました。  

 

 「自臭症」を知ったのは、パソコンで調べている時でした。

 

症状等を見ると当てはまることはありましたが、私は決して「潔癖症」ではありません。  

 

半信半疑で心療内科を受診すると、やはり「自臭症」との診断でした。    

 

治療の甲斐あって、前ほど臭いは気にならなくなりましたが、まだ人と話すときは、少し引きぎみになってしまいます。  

 

完治までは時間もかかるとの事でしたので、気長に治療していきたいと思います。

 


私は29歳主婦です。

 

普段から自分のにおいが少しきついんではないかと思い。

 

消臭スプレーをしずに出かけることが出来ません。
冬はまだマシなほうですが、夏になると気になって気になって仕方なく、汗をかくようなところに行くのも億劫になりトイレに行くと毎回体のにおいをチェックしてしまいます。

 

車の中に密室になってしまった時も一緒に乗っている人が臭がっているから窓を開けているんじゃないかなど心配になります。

 

旦那がいますので時々匂いは大丈夫かと確認しますが、旦那は大丈夫だと答えても毎日一緒にいるので鼻がマヒしてしまって気にならないだけなんじゃないかとも思います。

 

体もそうですが、口のにおいにも細心の注意を払っています。

 

食事の後には必ず歯磨きをします。

 

外食などでどうしても歯磨きが出来ないときはブレスケアのような飲んで匂いを消すようなものを飲んだり、すぐにガムをかんだりして対処していますが、歯磨きがしたくてうずうずしています。

 

なのであまり焼肉屋中華などのニンニクが入ったようなものは食べたくありません。
そこまで気にしなくてもいいんじゃないかとも言われましたが、気が付けば10年以上この生活をしているのでそう簡単には治せません。

 


29歳、営業事務をしています。
私の友達の話ですが、自臭症の症状になって、苦しんでいた女性がいました。
中学の時に男子生徒から、何か教室の中が臭いという話題となり、みんなで臭い元の根源探しが始まりました。
その結果、その女性の付近で臭いがするという事になり、それ以降は臭いのはその女性だというからかいがありました。

 

結果としては、その女性の座席の床が臭かっただけの話ですが、私の体臭が臭いのだと執拗に意識するようになりました。

 

それからは、マスクを着用して自分の口臭が周りのみんなに行かないように配慮したり、お風呂で身体を洗うのを何度も何度も繰り返してました。

 

 

精神的にもうつ病も併発し、精神科での通院治療をしてました。
周りの友達があなたは臭く無いと言っても全く聞き入れない状況でした。
しかし、医者からの勧めで認知行動療法を行うため、1日の出来事を書き記してみると客観的に物事を見ることが出来るので、とても効果的でした。

 

彼女は、成人するまでの7年くらいは苦しめられてました。
認知行動療法を行うと誰かに臭いと言われた事実は無い、みんな特有の臭いを放つのは許容範囲であり、当たり前のことであるということが彼女にとって、何よりも安心できる材料だったみたいです。

 


31歳、主婦です。
私が自分のにおいに敏感になり始めたのは中学生の頃です。

 

自分が臭いのではないかと思い始めたのです。
きっかけは友達が「〇〇ちゃん(私の同級生)て腋臭だよねきっと」と言ってきたことです。

 

その場では「そうなのかな」と話を合わせていましたが、自分も影で同じように言われているのではないかと思ったのです。
自分の脇の臭いをかいでみるとなんだか臭い感じがしたのです。

 

それから私は普段から脇をしめるようになりました。
脇をしめると、臭いや汗がこもって逆に細菌が繁殖しやすくなり臭くなるのかもしれませんが、とりあえずふたをしたかったのです。
制汗剤も色々試しましたが、どうしても自分の臭いが勝っている気がしました。

 

夏は地獄でした。中学校だったのでエアコンもなく、常に汗だくの状態なのです。

 

脇の臭いも臭いはずです。
周りの友達が鼻を触ったり、授業中に不自然に目が合うと自分の臭いがばれたのではないかと気が気ではありませんでした。
高校生になっても状況は変わりませんでした。

 

表だって臭いとは言われなくても、影では言われているのではないかと思い、友達と距離を詰めることができませんでした。
大学生になって、教室にエアコンがあったときにはどんなにうれしかったことか。

 

それでも体育の後は必要以上に制汗剤をスプレーしていました。

 

私が自分の臭いにそこまで執着しなくなったのは、年齢を重ねたからが大きいかもしれません。
皆それぞれ臭いがあるし、自分だけが気にしてるわけではないと気が付いたからです。

 

そして結婚したことも大きいかもしれません。

 

旦那は、私のにおいは臭くないと言ってくれました。

 

たとえ、臭くても臭くなくてもこの人は自分の臭いを受け入れてくれるのだと安心したのです。
こうして私は自臭症を克服することが出来ました。

 


24歳、接客業をしています。
いまの会社に入社して、上司が匂いに敏感なことを知ったのは一週間以内のことでした。

 

サービス業ということもあり、口臭や体臭には気をつけないといけない。
ということもあり上司は敏感な嗅覚を持っていました。

 

実際のところ私が臭い…と言われたことはないのですが、限られた空間にいることで会社に入ってきてすぐ「何か今日室内くさい」とよく言っていたり、「さっきの人、汗臭かったよね?」と言われたりしているうちに私まで臭いに敏感になっていきました。

 

職場が冬はガンガンに暖房が入っており、脇汗をほんのりかくのですが接客で店内が混み合うと脇汗が臭ってきているような気さえするようになっていました。最近では、臭いにおいが発されている気がすると真っ先に自分の脇の臭いを嗅いでいる自分がいます。

 

 

嗅いでも実際のところ何も臭わないので、過剰反応だということに気がつきました。
あとは口臭です。

 

仕事の日の前日や当日は、臭いの強い食べ物は食べないようにしていますが、自分で口内が臭うような気がしてしまい、最近は常にポケットにフリスクなどのキシリトール成分のあるものを持ち歩き、口の中でなくなるごとに食べるようにしています。

 

過剰反応すぎるのはわかっているのですが、いまだに改善策が浮かばないままです。

 


私は45歳ですが、パートで事務職の仕事をしています。主に窓口フォローをしていますので、事務所を訪れるお客様の接客は毎日しております。

 

普段ならこのような事はほとんど無いのですが、その日は朝からお腹がなんとなく痛かったのです。それでも社員の少ないシフトの日なのに、忙しい週末ですから、我慢をして出勤しました。すると、恐れていたことが出勤して1時間後位に起こったのです。それは、窓口フォロー中に割と大きな音のおならが出てしまいました。仕事中ですから、私も驚き慌ててしまいました。

 

この事があってから、事務所内ではなんとなくよそよそしくなり、何も無くても〜臭い人〜のレッテルを貼られてしまいました。おかげで常に周りのヒソヒソ話と自分の臭いが気になってしまい、いつも落ち着きません。もしかしたら、【ワキや汗の臭い・加齢臭?】などと社内の若い女性の視線を感じる度に、ドキドキしてしまい仕事での些細なミスをしてしまうようになりました。

 

自分でもこのままではいけないと思い、現在色々と臭い対策に取り組んでいます。

 

例えば、万一臭い場合にも対応できるように、着ていく服には消臭スプレーを振っておいたり、加齢臭対策に良い香りのするサプリメントを飲んでみたりと頑張ってはいます。ですが、未だに自分の臭いに対して【本当に大丈夫だろうか?】と自信は持てずにいます。

お守りとして

自臭症は精神面の安心が重要とされます。

厚生労働省から効果が認められている医薬部外品を選ぶことで
得られる安心も大きいかと思います。

デオシークは厚生労働省から認可を受けています。

公式サイトでは
3ヶ月連続使用実験の結果が公開されています。
>>デオシーククリーム女性用


>>デオシーククリーム男性用

※返金保証制度は上記公式サイトのみになります。

身体の内側からニオイ対策

根本的なケアとは言えないかもしれませんが
飲んで全身のニオイを抑える目的の健康食品もいくつかあります。

「今日は臭い、大丈夫かも?」

といった気持ちになれるお守りを1つ
持つことも大切かと思います。

・臭ピタ
http://shupita.com/

・みやびの爽臭サプリ

http://shop-miyabi.com/


・デオフレッシュサプリ
http://www.sukkiri-life.com/

・クリスタル・ローズ
http://www.care-cure.jp/




その他、ワキに塗るクリームタイプで個人的に良かったのは
こちらのクリームでした。

納得できなければ
永久に返金保証が付いているので安心して使えました。

<プライバシーポリシー>

当サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。

 

個人情報の取り扱いについては下記の通りになります。
下記のことから個人情報の漏えいや、電話、手紙などのセールスなどは一切ありません。

 

・広告配信プロセスの中でデータを収集するために、
Cookieやウェブビーコンを使用しています。
・収集したデータは、情報収集目的のみです。
それ以外の使用はありません。

 

もし、第三者(Google Adsense社)へのデータ送信を拒否したい場合、お手数ではありますが
ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスして頂きますようお願い致します。

 

詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧頂きますよう。
http://www.google.com/intl/ja/privacy.html

更新履歴